さわとんです。

 
「カンセリング」というと
どんなイメージですか? 
    
「とにかく傾聴して話を聴いてくれる」
「精神的に病んでいる人のココロを楽にする」 
「カウンセリングルームで1対1で話をする」
   
ということを連想されるかもしれませんが、
さわとんのカウンセリングでは
これらにとどまりません。
   
カウンセリングとは
「カウンセラーxクライアントさん」
で産み出されるもの。
  
カウンセラーが一方的に
提供するものではなく、
一緒にいる場を通じて
できあがっていくものです。
  
ですので、 
クライアントさんに応じて
カウンセリグも変わります。
   
アプローチ方法も変われば
場所も時間も異なります。
 
30分のこともあれば
1日中ということも。      
 
ホテルラウンジもあれば
カラオケボックスで歌いながらもあれば、
川沿いを歩きながらということも。 
  
 
同じクライアントさんでも
前回とは変化しているし、
カウンセラーであるさわとんも
日々変化しているので、
同じカウンセリングは
二度とありません。 
    
  
悩みも 
「人生をやめたい」という話から、
「お子さんとの接し方」の相談から、
「起業したい」という相談まで、
十人十色。
 
まさに
世界で一度しかない
オーダーメイドのカウンセリング。    
  
  
 
そして、 
カウンセリングが
うまく機能するために
一番大事なことがあります。
  

それは
【カウンセラーとの信頼関係】。
     
 
さわとんはその信頼を
カウンセリングの前から
構築しておきたいので、
  
このホームページやブログ、
Facebookなどで
できる限り自分の素を
そのまま出しています。
   

42年間の人生では、 
5年半のうつ病、
マンションの最上階からの飛び降り、
大腸の全摘出といった
稀有な人生体験もありました。 
  
サラリーマンから起業後の
9年間のカウンセラー人生では、
2008年〜2014年の6年間、
「うつ蔓延社会をうつ円満社会へ!」を
スローガンとして
業界初の「うつ専門カウンセラー」として
活動していたこともあります。
   
2015年には
「自分を人生最強のパートナーに!」
をスローガンとして、
「日本セルフパートナーズ協会」
を立ち上げました。
  
9年間のカウンセリングを通じ、
たくさんの方と接してきました。
  

ただ、  
人生経験やカウンセリング経験にも増して
カウンセリグを選ぶ上一番大事なことは、
 
【カウンセラーの「今」の姿を信頼できるか】
 
どうか。 
  
「今」のカウンセラーに対して
共感したり、
何か心に響くもの
惹きつけられるものが
あるかどうか。
   

 
さわとんは 
日々講演会をさせて頂いたり、
3冊の出版、
メディアに出演したりと
かっこよさそうなことも
ありますが、、
     
一方で、
「さわとん」という変わった名前で
活動していたり、
着ぐるみを着たり、
CDをリリースしたり、、、
        
決して  
一般的な
カウンセラーの枠に入る
カウンセラーではありません。
  
  

「カウンセラーの枠を外れた
”オンリーワン”のカウンセラー」
  
だからこそ、
 
カウンセリングを通じて
「枠を外す」ことは得意です。
  
 
どんな人でも
悩みの根源は一緒。

 
頭ではわかっていても
一歩が踏み出せない。
”こころのブレーキ(枠)”
が外れない。
  
そんな 
”こころのブレーキ(枠)”
が外れれば、
  
悩みは一気に解決どころか
”宝物”へと変わります。
 
 
自信とは 
今の「自」分を「信」頼
できるようになること。
  
そんな自信を
身につけるためにも
【今のカウンセラーへの信頼】
が、とっても大事です。
   
 
私や私の投稿から
何かを感じて頂いて、
   
”こころのブレーキ”
を外すための
カウンセリングに
関心を持った方は、
      
「オンリーワンカウンセリング」の
ページをご覧ください。
  

まずは体験して何を思うか
さわとんを信頼できるかを
大事にして頂きたいので、
<初回大幅割引中>です。    
   
  
すべては
カウンセラーであるさわとんと
クライアントさんで作りあげる
共同作業です。
  
    
さわとん

さわとんの「オンリーワンカウンセリング」を受けてみたい方へ 「オンリーワンカウンセラー養成講座」を受講してみたい方へ さわとんの「講演」を依頼したい自治体・企業の方へ
日本セルフパートナーズ協会公式HP
メディア出演・掲載情報
澤登和夫写真

さわとん
プロフィール

オンリーワンカウンセラー・講師
株会社ありがトン代表・日本セルフパートナーズ協会代表
本名 澤登和夫(さわとかずお)。1974年3月29日生まれ。千葉県在住。 サラリーマン時代、過労と心労がきっかけで27歳のときにうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から …続きを読む

書籍(詳細はこちら

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!


「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班


「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社