【場所などに関するお知らせ(2017年2月)】

「カフェありがトン」は過去6年間で
市川、亀戸などで140回開催してきましたが、
3月からは基本的に佐倉市(京成勝田台駅近く)の

落ち着いたカフェで開催します。
 
また、テーマを絞った「カフェありがトンプレミアム」
を新設し、こちらは亀戸で開催予定です。
近日中にご案内します。

    

カフェありがトン〜自分とつながれる居場所

2011年から6年間にわたり150回以上開催し、
のべ600名以上が参加されたカフェありがトン。

参加された皆さんとつながれることはもちろん、
自分とつながれる場所です。 


  

 

 
  

過去6年間で150回続いてきた安心な場

カフェありがトンは、2011年の開始以来、
毎月1〜2回、約6年間で150回以上開催され、のべ600名以上の方が参加されています。
  

なぜこれだけ続いてきたのかと言えば、
さわとん自身がここちよく無理なくやってきたからです。 

毎回さわとん自身がほんわか楽しんでいるので
参加された皆さんもここちよい時間と感じる方が多いです。 

 

 

 
 

カフェありがトンは、誰でも参加できます。毎回限定6名です。

よく、「自助グループですか?」などと言われることがありますが
そういうことを意識したことはありません。

人生について悩んでいる方もいれば、
職場の人間関係で悩んでいる方、
家族のサポートで悩んでいる方、
カウンセラーを目指している方もいます。
  
毎回リピーターの方が約半分、
初めての方が半分くらいです。
男女もだいたい半々です。   
  

7名以上だと時間的にも話があまりできないで終わってしまったり、
さわとん自身もひとりひとりにしっかり対応できなかった経験から、
毎回6名限定(先着順)で行っています。 

毎回安心安全な場です。 

 

参加するか迷いながら参加された方もたくさんいらっしゃいます 

これまでに参加した方に最後に感想をお聞きすると、「正直参加するかとても迷った」という方が毎回のようにいらっしゃいました。「でも行ってみたら思っていた以上にあたたかな場で、参加してよかったです」というような感想をたくさん頂いています。

お気軽にご参加下さい。

 

 

「カフェありがトンNext」の基本的な流れ

お申し込み

当日、会場へ

定時にスタート

オーナーさわとんよりあいさつと流れの説明

簡単な自己紹介

輪になってお話
(どのようなことも話したり質問することができます。
場合によって参加者の皆さんの悩みについてみんなで考えます)

定時に終了(若干のびることもあります)

話足りない場合は、希望者で食事に行くことも

  

カフェありがトン

日時

4月19日(水)10時30分〜12時30分 
5月  7日(日)15時〜17時
5月25日(木)11時〜13時 

場所 千葉県佐倉市のカフェ「高倉町珈琲」(京成勝田台駅/東葉勝田台駅徒歩5分)
オーナー さわとん(株式会社ありがトン代表/日本セルフパートナーズ協会代表)
定員 限定6名(先着順)
参加費 1,000円(税込)
(飲食代別途。参加費は当日お支払い下さい)
   
連絡先 info@arigaton.com  090-3911-3810(出られないこともあります)
お申し込み http://bit.ly/19NWG3y


(会場の高倉町珈琲勝田台店)   

 

 

お気軽にご参加下さい。
お待ちしています。

 

澤登和夫写真

さわとん
プロフィール

オンリーワンカウンセラー・講師
株会社ありがトン代表・日本セルフパートナーズ協会代表
本名 澤登和夫(さわとかずお)。1974年3月29日生まれ。千葉県在住。 サラリーマン時代、過労と心労がきっかけで27歳のときにうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から …続きを読む

書籍(詳細はこちら

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!


「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班


「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社