ファースト(ベスト)アルバム「大切な君へひとつだけ伝えたいこと」リリース!

さわとんはカウンセリングや講演だけでなく、
色々な方法でメッセージを伝えています。

2016年7月11日、
さわとんファーストアルバム
「大切な君へひとつだけ伝えたいこと」
リリースしました。
    


      

 

このCDには、
2008年〜2016年の約8年間に作った
オリジナル9曲が収録されています。

 
・うつで苦しかった頃のメッセージ
・どうやって人生やめたいを乗り越えたか
・今は直接伝えられない人へのメッセージ
・嫌な自分とのつき合い方
・今、大切な人にただひとつだけ伝えたいこと 
  
 
などなど
それぞれの曲にたったひとつのメッセージが
込められています。 

作詞はすべての曲に関わり
さわとん作曲の曲も2曲あります。
 
さわとんだからこその
心の奥底からのメッセージ、
ぜひ聴いてください、感じてください。
  

 

 

 

収録曲2曲のPVとLIVE映像を公開!
   


(07.もうひとりの自分のPV)

  
(03.生きる 2016.3.29 さわとんファーストLIVEにて)
 
       
  

各曲ごとのエピソードや想いと歌詞を

この特設ページでは、
さわとんファースト&ベストアルバム「大切な君へひとつだけ伝えたいこと」
に収録した全9曲のエピソードを各曲ごとに掲載しています。
   
それぞれの曲は、色々な経緯や想いを経て1曲の形になりました。
それを本当はCDジャケットに掲載したかったんですが、
紙面の関係で掲載できませんでしたのでここにまとめました。
 

「あっ、そんなエピソードや想いがあったんだなぁ」
と思いながらCDをお聴きいただけたらとても嬉しいです。
   

 
さわとんファースト(ベスト)アルバム 

<大切な君へひとつだけ伝えたいこと>

全9曲入 税込2,000円

 

(それぞれのタイトルをクリックすると、エピソードや想い・歌詞などを見ることができます) 

01ありがトン

02大切なもの

03生きる

04ぼくの勇気

05歩く

06ぼくの中のお前

07もうひとりの自分

08自分のために生きろ

09大切な君へひとつだけ伝えたいこと

  
  

 

アーティストからのメッセージ

このCDのエグゼクティブアドバイザー
ソングレターアーティスト安達充さん

さわとんの記念すべきファーストアルバム、 『大切な君へひとつだけ伝えたいこと』。 収録されている全9曲は、とてもバラエティに富んでいて、 メッセージ性もしっかりあって、そして何より、さわとんの人柄と人生が詰まっていると思います。 さわとんは、今まで音楽のプロとして活動をしてきた人ではありません。 でも、このアルバムは「趣味でやっている音楽で、記念にアルバムを作りました」のレベルではなく、「このCDに 出会えてよかった…!」と涙を流して喜ぶ方がいらっしゃるくらいの渾身の作品になっていると思います。 それは、9曲分の「音楽」がただ並んでいるわけではなく、9曲を通して「さわとん」という一人の人と向き合うことが出来るから。もっといえば、9曲を通して「自分の中のもうひとりの自分」と 向き合うことが出来るようなCDになっていると思います。僕の音楽教室では、「アーティスト」は、音楽それ自体を 目的とするのではなく、音楽という“芸”を“術(手段)”と する人だと定義しています。 その意味で言うと、このアルバムを世に出したさわとんは、 紛れもなくアーティスト。 友人としてではなく、1人のアーティストの渾身の作品として、自信を持って心からおすすめします。

 

 

 

 

 


澤登和夫写真

さわとん
プロフィール

オンリーワンカウンセラー・講師
株会社ありがトン代表・日本セルフパートナーズ協会代表
本名 澤登和夫(さわとかずお)。1974年3月29日生まれ。千葉県在住。 サラリーマン時代、過労と心労がきっかけで27歳のときにうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から …続きを読む

書籍(詳細はこちら

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!


「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班


「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社